【普通郵便でポスト投函です】

 

春に採取したヨモギとカキドオシと、

5~6月に採取した桑の葉柿の葉ドクダミをブレンド。

 

そのまま急須で飲めるようなバラバラのものと

やかんで煮出していただけるようにお茶袋(綿100%)に

5gずつ小分けにしたもの2種類あります。(残り各4個ずつ)

 

ヨモギとカキドオシのスパイシーな香りと

柿の葉桑の葉のやさしい感じ、ドクダミの風味、

とっても美味しいブレンドになっています。

 

ヨモギは町の中でもよく見かけますが

カキドオシは、里山でしか見たことないですね。

このあたりは、春になると、

写真のように薄紫色の花を付けて出てきます。

和ハーブと言って良いような、良い香りがします。

お茶にするととても美味しいのです。

 

★野草茶の入れ方★

・煎じる場合 

やかんに水1Lを入れ、沸騰したら約1パックの野草茶を入れ、弱火で5分ほどで完成。冷ましてから冷茶にしても美味しいです。

 

・急須で入れる場合

野草茶3gほどを急須に入れお湯を注いで1分ほど置いてから飲んでください。野草茶は良く出るので5回くらい繰り返し楽しめます。

 

代金は送料込みです。

直接お買い求めの方は、640円です。

 

ずいぶん減ってしまって、各4個、計8個です。

 

★野草について想うこと。

 

春になると野草は誰にもお世話されたりしないのに

勝手に芽吹き、勝手にどんどん広がります。

農家さんには嫌われ、敵のように刈られまくります。

刈っても刈っても刈っても、、出てきます。強いです。

野草は、その生命力がなんといっても何よりの効能。

ワラビやフキなどは山菜として有名だけど、

ヨモギやイタドリなどもとても美味しい食材です。

 

それに、ちょっと怪我をして出血でもしたら、

そこらへんのヨモギを採って手でもんで傷に当てておくと

痛みも出血も止まります。回復も早いです。

 

そもそも、今の西洋医学が主流になるまでは

人々は皆、そこらへんの草や木で、病気を治していたんです。

 

そして、誰にもお世話などされず、水もやらず、

踏まれても踏まれても毎年春になれば出て来る野草たちは

どう考えても、神さまからの賜物だと思えます

 

こんなにふんだんに、あり余るほど、もたらしてくれる

豊かな植物を活かすことをせずに、

わざわざそれらを駆除した上で、大変な思いをして土を耕し、

お金を出して種や苗を買い、農薬や肥料を買い、

結果、生命力の無いひ弱な野菜を作って売る、、、

 

なんかどっか間違ってるような気がするんです。

ずっとそう思っているのです。

 

もちろん、自然農の野菜やお米は美味しいし大歓迎ですので

それは仲間のチームに任せて、

私は、放ったらかされ、嫌われ、なのに山ほどもたらされる

生命力漲る野草たちを、ずっと愛でてフィーチャーしていきたいのであります。

 

源流の里、水が綺麗だから野草もピカピカです。

自慢の野草茶、どうぞご賞味ください。

 

 

★効能など

 

野草の効能は計り知れず、そればかり謳うより

愛でて摘んで飲んで食べて感じて見つけて、、、、

以下参考までに。

 

ヨモギ https://www.yakusou-ten.com/yomogi

 

カキドオシ http://www.e-yakusou.com/yakusou/100.htm

源流野草茶(ヨモギ・カキドオシ・桑の葉・柿の葉・ドクダミ)送料込み

¥840価格